可児のカフェ「ヒオモカフェ」に行ってきた

ナビを見ているのだから合っているのだろうけど、本当にこの道であっているのだろうかと心配になる。生い茂った草木、人通りはなく、遠くで鳥の声が聞こえる。冬には行きたくないかも。春は気持ちが良さそうな景色。

おはようございます。
まき(@makio_nakatsu)です。昨年オープンした隠れ家カフェ「ヒオモカフェ」は、山の中にひっそりと佇む古民家カフェです。
道に迷って辿りつけない方もいるほどだそう。
玄関の前には薪が山になっています。控えめな看板がおしゃれ。
さきほどの建物裏側は完全に民家だったけれど、表はおしゃれな古民家カフェの佇まいがあります。
大きな引き戸と、ランプが特徴的。
はじめてのカフェは少し緊張します。
どんな雰囲気の場所なのか、どんな人がやってるのか、想像が掻き立てられます。
4人がけのテーブル席が2つ、2人がけが1つ、3人がけが1つ。
カウンター席が3席。
3人がけの席はすこし奥まったところ。
ここはとてもゆっくりした時間が流れています。日差しが心地よく、ついつい長居してしましそう。
ヒオモブレンドと、ワッフル。チョコバナナワッフル。
ワッフルは、すごく軽くてふわふわ。アイスクリームとバナナによく合います。
コーヒーは、通常のブレンドと、深煎りから選択ができます。わたしは深煎り。
コクがあって、酸味の少ない飲みやすいコーヒーでした。美味しい。
2階はギャラリーになっているのだけど、普段は非公開の模様。
上がれないんだーなんて言っていたら、店主の方が特別に上がらせてくださいました。
こちらが2階。梁がすてき!あ、器もね。
店主さんは、もともと家具職人だったそうで、その弟弟子?の作品が展示されていました。
今は別の展示会?に出展されていて、ギャラリーには少し空きがあるために今は非公開のようです。
木製の器や、すてきな陶器がたくさん展示されていました。購入もできるようですよ。
中津川からは少し遠いけれど、嫌なことがあった時、ドライブがてらこのカフェまでやってきてボーッとするのもいいかも。

 

関連ランキング:カフェ | 御嵩駅御嵩口駅